Topicks

*
[ 2016年07月02日(土) ]

通販で頼んだカラコンがなかなか届かない!その理由って・・・何?~お店側に原因がある場合~

「通販で頼んだカラーコンタクトが届かない!」こんな経験したことはありませんか?その理由について、まずはお店側に原因がある場合について解説していきます。


カラーコンタクトレンズに限らずですが、通信販売で何かを注文した後、商品が中々届かないことがありますよね。
おそらく、ネット通販を利用しているほとんどの人が「届くのが遅い!」と言う経験を1度はしたことがあると思います。

こんなとき、何が原因で届くのが遅くなってしまうのかついて考えたことはありますでしょうか?
実は、お店や配送会社だけの原因ではなく、メーカーや注文する側(お客様)にもが原因がある場合と言うのも、実際のところは多くあります。

今回は、反省の意味を込めて、「お店側に原因がある場合」について、まずは解説していきます。

お店側の問題によるお届け遅延
実際にお店を営んでいる私たちが一番気をつけないといけないことであり、お店側で商品の発送が遅れる理由は、主にこのようなものがあります。
これらは、お恥ずかしい限りではありますが、当店で過去に実際に起こったことのあるもの・ご指摘をいただいたものを一例としてあげております。
ただ、当店に限らずどこのお店でも起こりうることですし、当店スタッフも他店様で注文した際に経験したこともあるものでしたので、参考としてご覧ください。

注文情報の見逃し
お客様よりいただいている注文情報が、お店側の確認漏れで注文確認自体が行われておらず、商品が発送されてない状態です。
お店側で注文自体がなかったことになっていると言う致命的な状態ですので、お客様よりご連絡いただくか、当店側で注文確認ミスに気付くまで発送されないものとなってしまいます。

※当店では現在、受注内容のシステム化にともない、発生はほぼございません。

ご注文商品が欠品となってしまった場合
誠に申し訳ないことなのですが、ご注文受付後に商品の欠品が判明してしまうことがございます。
特に商品点数や種類の多いお店や、逆に規模が小さく管理がほとんどされていないお店によくあります。
カラーコンタクトレンズをご利用されている方であれば、経験したことも多いかと思います。

ただ、このような場合はお店から商品が欠品してしまった旨の連絡がメールなどで送られる場合が多くありますので、カラコンをご注文された後は、お店からのメールを注意して確認して頂ければ大丈夫です。
※当店ではご注文確認後、欠品が判明した場合は代替案とあわせて速やかにその旨をメールにてご案内させていただいております。

もちろん、私たちが欠品情報を常に最新の状態として管理が行えればお客様にご迷惑をおかけすることもないお話なのですが、当店スタッフが他店様(最大手クラスのお店)で購入した際には、注文の2日後に欠品の旨のメールが届いたり、電話で在庫確認してから注文したにも関わらず、実際に注文した後でメールで欠品の連絡が届いていたり・・・・と言ったこともございました。

このような話を聞く度に、この問題は業界全体として取り組まないといけないことなのだと痛感する次第です・・・。

発送先の指定ミス
お店側で発送用の伝票を作る際に、お客様のお届け先ご住所の記載を間違って記載してしまった場合などに発生します。
単純に入力間違いで発生する場合もございますし、ご注文者様ご住所とお届け先ご住所が違うお客様に発生することが多くあります。
また、稀にですが、非常に近いお名前・ご住所のお客様より立て続けにご注文いただき、その情報が混ざってしまった・・・・などということもあります。

このような場合、全く別のところに商品が発送されているため、いつまで経ってもお客様のお手元には商品が届かない状態となります。
※お客様側でご住所間違いやご住所漏れ(マンション名やお部屋番号記載なし)などもございますので、お客様側でもご注文の際には注意が必要です。

こちらの問題についても、当店ではシステム化に伴い、ここ数年発生していないものなのですが、伝票入力を手動で行っておられるお店さんなどでは今でも稀に発生しているようです。

発注ミス
ご注文いただいた商品が足らない場合、お店はメーカーへ不足商品の発注を行います。
しかし、この発注の内容を間違ってしまった場合、届く商品は当然お客様にご注文いただいたものとは別の商品が納品されます。

これが平日の通常営業の際などであれば、発送の遅れは1~2日程度となるのですが、週末や連休前に発生してしまった場合、メーカーへの再発注は週明けや連休明けとなってしまいます。

つまり、土日・祝日は定休日のお店が、金曜日に発注ミスを行ってしまった場合だと、発注ミスに気付くのは週明けの月曜日となり、そこから再度メーカーへ発注をしなおすため、お客様商品の発送は水曜日となります。

ご入金確認ミス
銀行振込やコンビニ前払い決済をご利用の際に、入金したのに発送が全然されないことがございます。
このような場合、お客様側でご入金いただいたのち、お店側でその確認がもれてしまい、発送が行われない可能性があります。

コンビニ前払い決済などは決済完了後に決済会社からお店までご入金完了の通知が届きますため、ほぼ起こらないのですが、銀行振込での入金を受け付けているお店などの場合、口座の入金状況を毎日目視で確認されているお店さんもありますので、銀行振込でのお支払いの際はご注意ください。

ちなみに当店では数年前より、当店口座へ直接お振込みいただく形式での銀行振込決済は取りやめとさせていただき、決済代行会社様へお支払いいただく形式へと変更いたしましたため、この問題は改善されております。

配送伝票番号がつかない形式で商品を発送している
カラーコンタクトレンズだけでなく、通常のコンタクトレンズを販売されているお店もなのですが、商品の発送を行う際に、配送コストを抑えるため、配送番号つかない配送方法を利用されているお店がございます。

配送番号がつかないものは、主に郵便局さんが提供している定形外郵便や切手を貼って送る普通郵便、追跡できないタイプのゆうメールなどになります。

現在当店では、配送番号のつかない形式での発送は行っておりませんが、過去、小規模でカラコンの販売を行っていた頃は、定形外郵便を利用しておりました。

そして、なぜ当店がこれら配送番号がつかない形式の配送方法の利用を廃止したかと言いますと、お受取人様側もお店側も「商品がどこにあるのかわからない」さらに「本当に配達されたかどうかもわからない」と言う、物凄く恐ろしいデメリットが発生するからです。

つまり、「商品が届かない」と問い合わせを行っても、「お店からは確実に発送しています」と言い切られてしまい、お店側からはそれ以上の対応を行ってもらえない状態となる場合があります。
※こういったお店は稀ですが、実際に発生しうる問題ですし、起こった場合、配送番号が付いている配送方法に比べ、解決まで時間がかかってしまいます。
※当店では当時、このような場合は郵便局へ調査依頼を行った後、同品の再発送を行っておりましたが、確実に届けたことがわかるほど具体的に配達状況の説明があった時は、再発送をお断りしておりました。

【ここからは、配送番号が付かない形式の配送方法を採用されているお店をご利用されているお客様向けの補足情報になります】

このような配送方法を利用することはお店として少しでもコストを下げようとする努力の結果なのですが、いざ「商品が届かない」という自体が発生した場合、郵便局の配達員さんの記憶のみが便りとなりますので、配達員さんが「配達した」と言ってしまえば配達が完了したことになってしまう・・・ということになってしまいます。
一応、周辺調査などを行ってもらえる場合もありますが、ほぼ見つかることはありません。
※不在通知が一度しか投函されないため、郵便局側で保管状態となっていることもよくあります。

また、悲しいことですが、配達記録が無いと言うことは、お受取人さまが実際に商品を受け取ったにもかかわらず「受け取っていない」と主張することもできてしまいますし、逆にお店側は本当は荷物を送っていないのに、「送りました」と主張することもできてしまいます。

カラーコンタクトレンズのお届けはのほとんどは郵便受けへ投函される形式でのお届けとなるため、配達記録が残らないと言うことは、とても致命的なことなのです。

【ご注意】
配送番号がつかない方法での商品発送は、現在でもカラコンに限らず利用されておられる会社様は多くおられます。
また、商品発送の際に定形外郵便などを利用する行為は、お客様・お店側双方にお届けリスクがあるというだけで、決して犯罪行為などではございませんので、あらかじめご注意ください。